古銭を高く売るコツとは?方法や注意点を紹介

古銭といっても、記念コインや金貨、小判などさまざまな種類があります。また、古銭の買取相場も、高いものから安いものまで多種多様です。専門的な知識がない人にとっては、古銭の買取を依頼することは難しく感じられることでしょう。ここでは、古銭の買取を考えている人のために、買取方法の種類と手順について紹介します。

 

古銭買取方法はおもに3つある

古銭の買取方法は、主に3つに分けられます。「出張買取」は、買取業者に自宅まで来てもらう方法です。買い取ってもらいたいものが多くあったり、買取業者まで持ち運ぶのが不安であったりする人は、出張買取が向いているでしょう。「宅配買取」は、自分で商品を梱包し、買取業者に宛てて発送し、買取してもらう方法です。出張買取と同様に、自宅にいながら買取してもらえる点が便利です。特に、初対面の買取業者を自宅に呼ぶのに抵抗があるという場合は、宅配買取がよいでしょう。最後に、「店頭買取」は、自分で買取業者に古銭を持ち込み、買取をお願いする方法です。どの方法で買取をお願いしても構いませんが、高く買い取ってくれる業者に売ることが重要です。複数の業者で相見積もりを取ると、安く買われるリスクを避けることができます。

古銭買取方法別の流れを説明

3つの古銭買取方法について、それぞれ流れを紹介します。

出張買取

出張買取をお願いする際は、まず買取業者のホームページから出張してもらえるかどうかを確認しましょう。対応している場合は、サイトに問い合わせフォームが用意してある場合もあります。必要事項を埋め、訪問日時の希望を出しましょう。なお、問い合わせフォームがない場合は、メールや電話などのやり取りになる場合もあります。査定当日は、その場で買取してもらうか決めます。査定に納得がいけば、すぐにお金が得られるのが出張買取の嬉しいところ。また、買取をお願いしたくない場合も、無料でキャンセルできるので安心です。

残念ながら、出張買取を請け負う業者のなかには、悪徳なものもあります。相場よりはるかに安い値段を提示されることもあるので、うっかり売ってしまわないように気を付けましょう。トラブルを防ぐには、売ろうとする古銭について下調べをすることがポイントです。査定に怪しい点がある場合は、理由を尋ねるなどして、簡単に売り渡さないでください。

宅配買取

まずは、宅配買取サービスを行っているかどうかを、買取業者のサイトなどで確認しましょう。サービスが見つかれば、専用の「宅配キット」などを使い発送し、買取業者で査定を行ってもらいます。あとは、電話やメールなどで査定結果を待ちましょう。買取してもらう場合は、買取料金を指定の口座に振り込んでもらいます。一方、買取をキャンセルすることもできます。しかし、古銭の返却が着払いの場合も多いので、事前に確認しておきましょう。肝心なのは、必ず決められた宅配キット、または業者指定の方法で発送することです。古銭のなかには、まだお金として使えるものもあります。流通しているお金を送る方法は、現金書留しかありません。古銭のような特殊なものは、査定だけではなく、発送にも知識が問われます。必ず業者指定の方法で発送しましょう。

店頭買取

店頭買取では、古銭を買取業者に持ち込むとその場で査定が始まります。査定には事前予約が必要なケースもあるので、念のため、確認しておきましょう。また、買取業者のサイトに店頭買取の際に注意すべき内容が書いてある場合もあるので、見ておくと安心です。店頭買取のメリットは、自分のタイミングで買取依頼ができることでしょう。買い取ってもらいたいものがわずかでも、気軽に持ち込めます。一方、店頭買取にはデメリットもあります。相見積もりを取るには、多くの店舗を回らねばなりません。古銭の状態によっては、持ち運びが困難なものもあります。大判など金属製の古銭には重いものもあり、ケースや鑑定書つきのものにはかさ張るものもあります。万が一、持ち運んでいる途中で盗難にあうケースも考えられるでしょう。持ち運びやすさも、買取方法を選ぶ際には重視したいところです。

まずはメール査定がおすすめ

古銭を高く買い取ってもらうには、相見積もりが必須です。しかし、出張買取や宅配買取、店頭買取で、複数の業者に査定をお願いするのは何かと手間がかかります。また、査定後に無料でキャンセルできるといっても、業者を目の前にすると、きっぱり断りにくいでしょう。宅配買取であっても、査定のたびに古銭を梱包して発送するのは大変です。相見積もりの心理的負担と手間を減らすには、「メール査定」がおすすめです。

メール査定を受けるには、買取業者のサイトの「問い合わせフォーム」を使い、必要事項を埋め、古銭の写真を添えて送信します。メール査定では写真を使いまわせるので、少ない労力で多くの業者に査定をお願いできます。加えて、万が一、悪徳業者に査定を依頼してしまったとしても、トラブルを避けられるでしょう。古銭の買取を検討する際は、メール査定も検討してみてください。